スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風来坊釣り師

  • 2010/03/13(土) 17:01:12

本日明日とまたまたゲヒンズが筏に浮かんでいる。今年これで1泊2釣は3回目。
先週は仏谷に釣行しており、羨ましい限りです。「2回行くより安上がりですわ」
とちょいサルさん。でもこれを見ていると本来1回のところを2回行ってるように思う。
どうやら2日目が前日早くから休むことができるためかなり体力的に楽なようです。
鬼嫁がうるさい小生としては2連釣にお付き合いは無理なので、これからは釣りキチ三平に
出てきた「イトウ釣りの名人 風来坊釣り師 谷地坊主」のようにふらっと
筏に浮かぶことになりそうです・・・ちなみに本日はこんな感じだそうです。
20100313074818.jpg

スポンサーサイト

好釣果の要因

  • 2009/04/12(日) 12:01:45

すでにご存知の方もおられると思いますが、ボーズ三人組(小生、ちょいサルさん
もむあげさん)がこのかかり釣りをやり始めて早や20数年になります。
経験年数は長いものの特に目立った釣果がなく、春先はボーズ街道、秋の
好活性時にようやく二桁を釣る程度であった。もちろんそんな調子ですから
釣行回数もせいぜい年に5回程度で、釣れないから行かない、行かないから
チヌに出会うのが少ない、行っても釣れないから筏で大の字(笑)と負のスパイラルであった。
ところが昨年ブログを通じていろいろな方に出会いその釣技や考え方などを
教えていただいたお陰で、三人組はこれまでにない好釣果が続いております。
小生は今年2連勝を含め昨年から9連勝、もむあげさん、ちょいサルさんは自己ベストの年なしを
すでにGetしている。釣れるから行く、行くから出会う、釣れそうなので集中力が
増し大の字もないとまさに好循環である。
ブログランキング上昇も「あの!ボーズ三人組」が最近よく釣るようになったので
何でだろうと?興味を持たれて見にこられているのではないかと思います。
そこで!その疑問にお答えすべく今までの20数年とこの1年の違い(みなさん
に教えていただいたこと)を少し薀蓄ってみます。
P1040774.jpg
にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ
↑   ↑   ↑
ポチッと押してね











Link Ring
<<Prev5<PrevRandomNext>Next5>>



続きを読む

さて結果は・・・・・

  • 2007/09/09(日) 08:16:36

ボーズ三人組とは小生とちょいサルさんとモム顔さんが
集まった時を言います。それがちょいサルさんと
モム顔さんの二人になると少々呼び名が変わります。
ゲヒンズ(下品の複数形)」そもそも
小生繋がりのこの二人が意気投合したのは何を隠そう
20年前の初対面時の変態話だったのです(笑)モム顔さん
曰く「ちょいサルさんの目を見た瞬間変態と思った」
と言わせるぐらい当時のちょいサルさんの目は
変態光線を発していたんだと思います。

<ゲヒンズの二人↓目を見せられないのが残念>
DSC07665.jpg


それはさておきこの「ゲヒンズ」の二人が昨日仏谷に釣行いたし
ました。さて結果は?????詳細はリンクを貼っている
ちょいサルブログをご覧下さい。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押してね
↓   ↓    ↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ
↑   ↑   ↑
ポチッと押してね

ボーズ3人組の結成1

  • 2007/08/23(木) 20:32:22

初挑戦で7枚を釣り(当時は2時までの釣りで)完全にはまってしまった。
とはいえまだ当時大学生、時間は持て余していたものの
一人で行くには心細く、かといって師匠も授業があるためなかなか
日程があわず春先になってようやく2回目のチャレンジ。
残念ながら・・師匠ともどもボーズ。それからも師匠と年に2.3回釣行
したが、ボーズ街道をまっしぐらであった。そして何年か経った
ある日のこと、小学校時代の親友(ルパンのモム顔さん)から「この前会社の友人と仏谷
の大住に行ってきたんやけど・・」と聞いてびっくり。「俺も
そこはいつも師匠と行ってるとこやで」となり、じゃあ一度
ちょいサル誘って3人で行ってみようぜ。となりました。
20070429102420.jpg

ボーズ3人組結成2

  • 2007/08/23(木) 20:00:16

私とモム顔さんは小学校時代からの親友。またちょいサルさんと
私は大学時代の先輩後輩。本来はモム顔さんとちょいサルさんは
知らないもの同士だが、二人はひょんなことから意気投合し
今では私との関係以上に親密になっている。
DSC06539.jpg


それはさておき
この三人が揃って初めての筏かかり釣り
仏谷大住渡船になりました。夏の終わり頃だったように記憶しているが
三人は児島の筏に降ろされた。私は初挑戦で7枚釣ったぞ!
と自慢しているもののその後は全くで、もちろんモム顔さんも
それまでボーズ街道であった。ちょいサルさんはモム顔さんの
安物竿(私が初挑戦で釣った物と同類)を借りて釣り始める。
「どないやるんでっか?」とちょいサルさんが質問するも
我々は自分のことが精一杯で「適当にやっとけ!
そない釣れるもんやない」と一蹴したため、見よう見まね
でし始めたちょいサルさん。(この辺は親友でも冷たい(笑))

ボーズ3人組結成3

  • 2007/08/23(木) 19:54:55

ちょいサルさんは出身地の岡山の池でよくシモリ浮きの
フナ釣りをしていたらしく、3つ目のシモリ浮きが
うまく水面でとまるように錘を調整するようなことを
自宅の風呂の湯船でイチモツをブラブラさせながら
やるぐらい研究熱心なので、筏のチヌ釣りも初挑戦
ながら手際よく釣っていた。
釣り始めて1時間ほど経ったとき、いきなりちょいサル
さんの安物竿(安物はルパンさんに失礼か・・)しなる。
「なんかかかりましたわ」と夢中でやり取りをし上がってきたのは
紛れもなくチヌ。ルパンさんが羨ましげに「やめてぇ~や
まだ俺も釣ったことないのに~」と一言。
「よかったのぉ~どや?手応えよかったやろ?」
と内心穏やかでないもののちょっと先輩面して私が一言。
「この釣りめっちゃおもろいですわ」とちょいサルさん。
私と同じくビギナーズラックの瞬間であった。
DSC02746.jpg

ボーズ3人組結成4

  • 2007/08/23(木) 19:28:42

その後も昼までに(その頃は2時には撤収していた)ちょいサル
さんは2枚を追加し計3枚(これで完全に嵌った)
私も初挑戦以来のチヌを1枚釣った。ルパンさんはというと・・・
二人に先越されたという焦りが見えるものの何となく
ヌゥ~!(瞬きが遅いイメージ)とした動きで糸を
垂らしている。帰る直前になって「やった!かかった」
「これはチヌや!チヌや!」と叫んでいるが、
引きを見ていると、どうも違う気がする。
水面にあがってくると長細~い得体の知れん獲物。
「なんとかしてぇ~や」「いややこんな得体の知れんもん」
3人が3人とも「お前やれ!」「お前やれ!」と
もたもたしてる間にプツン!と糸を切って獲物が
海中へ逃げていった。戻って先代の船長に「なんや長細い
けったいなもん釣れたんですけど」、「どこや?」
「気持ち悪くもたもたしてる間に切られてしまいました。」
「もったいないな~それはハモやで」え~!!
「ハモですか。うちのおかん好きやのに~」と悔しがる
ルパンさん。このようにビギナーズラックあり
二度目のGetあり、得体の知れんもんあり、
とボーズ3人組の波乱万丈なかかり釣り人生の
スタートを切ったのだった。
20070429102615.jpg

モム顔さんの筆おろし

  • 2007/08/23(木) 19:23:05

ちょいサルさんの初釣行、初Getがあってから
3人組はちょくちょく仏谷の大住渡船にお世話に
なっていた。好釣果とまではいきませんが
私とちょいサルさんは時々チヌの顔を拝むことが
できたが、モム顔さんだけはどうしても筏童貞を
脱出できなかった。いつしか仏谷釣行はチヌ釣り
が目的ではなく大住佐治一船長に会いに行くのが
目的となりつつあった。「そろそろ大住のおっさん
に会いに行こか?」が合言葉になり、ある初秋の
児島へと釣行した。モム顔さんは事前にビデオで西中名人の
「掛け合わせ釣法」を頭に入れて本番を迎えた。
P1000696.jpg


その甲斐あって朝一番で「なんかかかった。」
とモム顔さんが叫んでいる。
いつもならここで得体の知れんものを釣ってくれるのだ
がその日は違った。なんといきなりのチヌ。
「やった~!めっちゃ嬉しい・・」と
釣り上げた後、筏の上で踊らんばかりの喜びよう
であった。それからも順調に枚数を重ねモム顔さんの
筆おろしは7枚。私は3枚、ちょいサルさんは4枚。
と当時としては大漁だった。そしてこの時うまれた
モム顔さんの新釣法「か○て返す釣法」であった(笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。