スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょいサルさんと釣速初W掲載

  • 2007/08/31(金) 08:03:21

本日発売(2007年8月31日号)の週刊釣り場速報(釣速)
に定例会での私の親子奮闘記。ちょいサルさんの単独釣行での
リベンジ達成釣行記が掲載されました。是非ともご購入いただき
お楽しみください。
P1000704.jpg

P1000705.jpg

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押してね
↓   ↓    ↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ
↑   ↑   ↑
ポチッと押してね

スポンサーサイト

釣速初掲載

  • 2007/08/30(木) 00:04:23

P1000703.jpg


皆さんも良くご存知の「週刊釣り場速報」(略称:つりそく)
に今から11年前の1996年11月15日号に初掲載されました。
もともと本嫌いで幼少の頃から文章読解能力全くなしの男が
なぜ執筆しようと思ったかといいますと、その頃読者として
毎週のようにつりそくを購入してはそこにある渡船屋さんの記事に
載りたいな~といつも思っておりました。(前回の年なしGet
の時はGW合併号で1週とんでしまい掲載されず(T T))
そもそも新聞などの掲載は投稿が多く、まず選ばれる事は
ないと思っておりました。ところがある時ふと釣行文を
読んでると、字数といい内容といいこれぐらいなら
小生でも書けるかなと思い、自身の三重県初釣行の記事を
思い切って出してみることにしました。
するとなんとトップページに見出し付きで掲載されました。
そのことをちょいサルさんとモム顔さんに報告しようと
電話したらいきなり二人とも向こうから「なんや最近執筆活動
してるんか?」と切り出され「知ってたんかいな」というと
「もう見たで」とのこと。さすがに情報が早い二人でした。
それからというもの釣行の都度、釣れたら必ず送るようにしており
掲載されなかったことは一度もありません。
原稿料もいただけ餌代ぐらいにはなりますよ。
最近はメールでの受付もされており便利になってますので
皆さんも是非一度投稿されてみてはいかがですか。
名光通信社 週刊釣り場速報原稿係り
turisoku1@meiko.cc 
ブログランキングに参加しています。
ポチッと押してね
↓   ↓    ↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ
↑   ↑   ↑
ポチッと押してね

過去の栄光1

  • 2007/08/28(火) 01:03:11

私にもこんな過去があります・・今から遡る事13年前。
平成6年4月23日この日は私の釣り人生で最も忘れられない日
となりました。
前年の最終釣行で25cmクラスを12枚釣って有終の美を飾り
「来年こそはもっと大きいのを釣りたい」と心に決め迎えた
翌年の春、前年から絶好調が続いていた和歌山県衣奈の中長渡船
さんにちょいサルさんと共に初めてお世話になった。
時合いは昼からと聞いていたので、7時ごろに現地に到着し
中野船長から「君ら初めてか?どこ乗りたい?」と聞かれ
思わず「釣れるとこ」と答える二人。「黒島でもええが、マリーナ
に乗せたって」ともう一人の船頭に頼んでくれた。
今までは日本海しか行ったことはなく、ワクワクしながら
釣り始める。ダンゴを撒きアタリを待つがすごく気配は
するが食ってこない。残念ながら朝の時合いが過ぎると
赤潮が筏一面を覆う。船長が見回りに来て「しばらく
したらなくなるからそれまで昼寝でもしとき」といわれお言葉
通りヘソ天。赤潮が過ぎ去ったあとドスン!と何かが乗った。
ヌゥ~とした動き。これはひょっとして・・・案の定タコの
お出まし。日本海では全く釣ったことがなかったので対処方法
がわからず右往左往していると同乗していた方が「目と目の間
をナイフで刺したらいいよ」といわれやっとおとなしくなった。
その後オキアミに強烈なアタリ。今度は明らかに魚の反応。腕が
だるくなるほどの力で引きづり回され上がってきたのは
こいのぼり級のボラ。これまた日本海とは比べ物にならない。
そして運命の14:00過ぎ・・気配がムンムンする中、
ボケを付けアタリを待っていると「ゴン!」節のあるアタリ
即座に一発合わせで乗った!。それもかなりでかい・・
やりとりはさっきのこいのぼりと似ていたので、ボラかな?
と思いつつ、ちょいサルさんに玉網で待ち構えてもらう。
「ごっついチヌやで~。」とちょいサルさん。こっちは必死のやり
取りをしているので見る暇もない。無事すくってもらったら
なんと52.4cmののっこみチヌであった。
P1000697.jpg

その後もかなり気配するものの針がかりしなかったが
あたりが薄暗くなりかけた17:30頃、前日ビデオで見た色の薄い
丸貝を生まれて初めてサシエにし投入。上下に誘いをかけていると
「コン!」と前アタリ。ビデオではこの後本アタリが来るのだが
なんせ丸貝は初めて使うので「ほんまかいな」と半信半疑のまま
少し送り込むとビデオの通り「ググッ!」穂先が海中へ沈み込む。
乗った!思わず「丸貝できたぞ!!」と叫ぶ。先ほどのやり取り
と同じようにし上がってきたのは47cmのチヌ。よっしゃー!
その声を聞いて同乗者とちょいサルさんが急遽丸貝にサシエを
変更し続けてアタリがあり、結局その筏で合計7枚チヌがあがった。
次の朝思わずスポーツ新聞を買いに走った私であった。
P1000702.jpg

過去の栄光2(インチキ臭い)

  • 2007/08/28(火) 01:00:55

ちょいサルさんをこの釣りに完全に嵌めてしまった頃
当時の愛車レガシーに乗せてもらい仏谷によく行きました。
平成3年8月26日(拓日付)もその日で申し合わせた訳でもないのに
師匠と待合でばったり。双児島の筏に向かい合わせで乗りました。
とにかくその頃は朝の一時の時合いしか釣らなかったため、
朝一番は集中していた。アケミ貝を潰し海中に沈める。
サシエにはアケミ貝の剥き身。上下に誘っていると
ゴン!と大きなアタリ。咄嗟に大あわせ「乗った」
でも巻いても巻いてもジワ~としか上がってこない。
最初はなまこ??と思っていたが、時々クン!クン!
魚の動きをする。なんやろ~?と思いながら、ふと
海面を見ると座布団が浮いている。へ?正体は
何と平目。ちょいサルさんにすくってもらい何とか
Getできたが・・・・実はこの平目腹掛けであった(笑)
どうやらアケミの山に乗ったようだ。
そしてその正体はこれだ!1(ワン)2(ツー)3(スリー)
P1000700.jpg


つまらん番組のフレーズになりましたが・・(笑)
あたかも釣った顔をしてビック釣具さんに魚拓を取ってもらう。
(すみませんビックさん。もう時効と思いますが、
あれは釣ったんではなく引っ掛けたんです・・)m(_ _)m
その後捌いてもらったものを持ってモム顔さんを尋ねる。
その日あった事をしゃべりながら、「よかったのう」
とかなんとか言いながらモム顔さんはパクパクパクパク。
ほとんどええとこは食べられてしまった。

師匠親子が

  • 2007/08/27(月) 23:43:48

2007年8月23日に私の尊敬する師匠が今年初の釣行に息子さんと
共に行かれなんと36枚だったようです。(同じ親子でもえらい
違いです。)場所は若狭大島の中谷渡船さん。
ここは何年か前に師匠が年なしを釣ったゆかりの場所のようです。
(これは釣り場とは関係ありません)
P1000093.jpg

息子との初釣行その1

  • 2007/08/26(日) 22:30:20

2007年8月11日にボーズ3人組定例会が迷ったあげく
的矢湾千賀フィッシングパークで行われた。
実はその釣行が我が愛息にとってチヌ筏かかり釣り
の初挑戦日となった。かねてから息子にはボートのキス釣りや
アジのサビキ釣りと帯同させ釣りへの興味を持たせる
ようにしていたが、やはりチヌのかかり釣りは難しいのと
酔いやトイレ、退屈な状態に加え
私自身が集中して釣りたいという思いもあり、なかなか
実現しませんでしたが、夏休みの家族旅行に息子だけ
行けなかったのと宿題の取材もかねて、急遽連れて
行くことにしました。
いつもの3人組のバカ話(3人とも頭の中は中学レベル)
も控えめにしながら5:30に現地に着いた。
あまりの荷物の多さに息子も戸惑っているが、
ちょいサルさんが「これは単に海に撒くだけやから・・」
「撒くだけ撒いて全く釣れへんから・・」と悪い冗談を
言ってます。
その色々な荷物を息子なりに運ぶ手伝いをしている。
その姿を見て「まあ上出来やな」と思いながら
ほくそえんでました。
P1000637.jpg

息子との初釣行その2

  • 2007/08/26(日) 22:10:38

いざ筏に乗ると二人分のダンゴ作りの始まりです。
もちろんそれ以外の用意もすべて二人前。
汗だくになりながらようやくセット出来たのが
乗ってから約45分後。かなりのロスをしてしまう。
二人ともまだ釣れている様子なないものの
気持ちが焦る。
セットし終わってからも釣り方やリールなどの
使い方の指導で時間は過ぎていく・・
少し目を離すとバックラッシュやお祭りで
その都度「パパ~」とお呼びがかかるので
なかなか集中して釣ることができない。
本当は午前中に2.3匹釣ってあとは息子の
指導に没頭するはずが、そう思い通りにいかないのが
このかかり釣りである。結局11時間粘って
ボラ・ボラ・ボラのオンパレード。
息子にもボラとアイゴ、アジが釣れた。
しかし我々この釣りを始めた20歳ぐらいの時ですら
2時には上がっていた事を考えると11時間泣き言
言わず我慢できたのは褒めてやれると思います。
あっぱれ!!
P1000641.jpg

嬉しい贈物

  • 2007/08/25(土) 19:09:13

いつの頃からか釣行文を書くようになって
がまかつさんから毎年夏と冬に嬉しい贈物が届きます。
この夏も先日贈られてきました。
少しレトロなデザインのTシャツです。
その他パーカーやトレーナー、ウインドブレーカーと
大変重宝しております。がまかつさん期待にお応えするべく
これからもしっかり釣っていきたいと思います。
DSC08791.jpg

毎年この時期は・・

  • 2007/08/25(土) 11:38:45

2006年の三重県下のは前年末の寒波の影響で絶不調
であったことは皆さんよくご存知の事と思います。
年が変わって2007年は春先はまずまずのスタートを
切ったがここへきてやはり場所によってかなりムラが出てきている。
そんな中昨年の同時期もそうであったが若狭湾を中心とした
日本海側がほっとである。若狭本郷の森の鼻の筏が昨年同様
よく釣れだしている。釣行経験がないので是非一度行ってみたい。
P1000638.jpg

筏かかり釣りとの出会い

  • 2007/08/23(木) 21:50:30

川のフナ釣りを皮切りに池の野鯉釣り、投げのキス、カレイ釣り、ルアーフィッシング、磯のグレ釣り、ボート釣りなどいろいろ経験し、これに関して語りだすとブログのテーマから離れてしまいますので、また追々・・(語るんかよ)
さて小生がチヌの筏かかり釣りを始めたきっかけは今から22年前の20歳の時でした。当時大学生だった私は暇を持て余し、時間があれば安威川に鯉の吸い込み釣りに出かける毎日でした。(ちょいサルさんともよく行きました)ある時高校時代の恩師からチヌ釣り行かないか?と誘われ何がなんだかわからないまま、仏谷の大住渡船行きました。時期は秋だったのでおそらく双児島だったと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。