スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょいサルさんが本日・・

  • 2009/03/28(土) 16:51:20

いてもたってもおれなくなったちょいサルさんが本日、西ノ地高井丸の伝馬船
に初挑戦したようです。。結果はちょいサルブログをお楽しみに・・
小生は朝から穂先作り。。。これもいいですが早く実戦に行きたいです。
ライバルからあんな釣果を聞いたら・・(笑)

スポンサーサイト

ETC

  • 2009/03/22(日) 12:11:40

国会の補正予算が通り、定額給付金を初めとする税金のばら撒きが始まった。
そんななかこの3連休からすでに一部の高速道路で土日祝ETC設置車に限り
上限料金1000円が導入された。今後は段階を追って各高速道路で導入され
約2年続きます。小生は前回の釣行で定額給付金を使い込んでしまったので
次は高速を使ってどこへ行こうかと模索中。もちろん家族での旅行も考えているが
やはり今しかできない広島や宇和島などの遠方に釣行してみたい。
いくら高速代は安くても結局ガソリン代や宿泊などの費用が増え、最終的には
高くつくように思います。まあこれが政府の狙いだと思いますが、小生もこの政策に
乗ってみようと思います。

にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ
↑   ↑   ↑
ポチッと押してね











Link Ring
<<Prev5<PrevRandomNext>Next5>>


疑問!(止める釣りと流す釣り)

  • 2009/03/20(金) 18:31:33

P1040774.jpg
先日の福丸さんでの出来事。ファーストヒットは小生だったものの、キャッチの方は
隣のお二方に先起こされ、その後も苦戦を強いられていた。釣り方を聞いてみると
あまり流さずラインは出していないといわれます。小生はラインを2.0にしたためか
糸を出しながら流していかないとすぐに穂先にテンションがかかり、エサが浮いて
しまうような気がしました。見ていると確かに錘は付けない完全フカセだったみたいなのに
糸を出している様子もなく、かといって穂先にテンションがかかっているかというと
そうでもない。ラインの号数を聞いていないのでよくわからないが、その後3号錘を
付け無理やり止めたらアタリが2回あり、1匹釣り上げることができた。
そう考えると遠まきにチヌがいたわけではなく、ダンゴ近くにいたように思います。
水深25mでかなり潮が速いところで、サシエをダンゴ近くに止めようとすると
やはりラインの号数を落として潮の抵抗をうけにくくするか、錘をうって
止めるかしかないのでしょうか?船頭さんが「ここは0.8号糸で2号針を
付ければ入れ食いになるよ!でもそんな細糸じゃよう上げてこんやろ!」
と言ってました。本当に奥の深いかかり釣り。極めるにはまだまだ時間がかかり
そうです。

にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ
↑   ↑   ↑
ポチッと押してね











Link Ring
<<Prev5<PrevRandomNext>Next5>>





自作穂先の考察

  • 2009/03/17(火) 23:05:09

最近嵌っている穂先作り。自分なりによくできてるな~と自画自賛。
でもやはりいざ現場で使ってみると、いろいろ改良点が見えてきます。
やはり実際行かないと机上の空論では駄目ですね。
現在削り終えた作りかけの物があるので、もう一度削りなおし
思うようなものにしたいと思います。

にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ
↑   ↑   ↑
ポチッと押してね











Link Ring
<<Prev5<PrevRandomNext>Next5>>


単独釣行in福丸Part1

  • 2009/03/16(月) 23:39:32

釣り仲間のボーズ三人組の二人(ゲヒンズ)が最近釣りに行きまくっている。
特に先日ご紹介したように、もむあげさんが単独釣行に味をしめてしまい
今年だけでももうすでに5回を数えている。互いが釣行することで
さらに動機付けされ、まさにかかり釣りの魔力に取り憑かれた
スパイラルと言っていいだろう。
そんな中、小生は鬼嫁の影響もあり、なかなか釣行回数を増やすことが
できず、彼ら二人のように一か八かの「デカバン一発勝負」なんて芸当は
到底無理なのである。それでもその限られた中でいかに効率よく
釣るかというのも面白いもので、季節に応じた場所選定に余念がない。
今回お世話になった福丸観光漁協さんは5年前に一度だけ行ったことが
あり、そのときのお返しを何時かしようかと虎視眈々をその時期を伺ってました。
P1040767.jpg

にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ
↑   ↑   ↑
ポチッと押してね











Link Ring
<<Prev5<PrevRandomNext>Next5>>




続きを読む

単独釣行in福丸Part2

  • 2009/03/16(月) 23:37:44

5年前の釣行時は勝手がわからないことに加え、土曜日でお客も多く、
あれよあれよという間に拉致られるように三尾沖に連れて行かれた。
今回は2回目で、しかも月曜日ということもあり、ひょっとすると
小生一人かも・・・それならチヌを独り占めできるな~なんてことを
考えながら愛車のハンドルを握り一路和歌山へ・・
途中フィッシングオーシャン御坊店でオキアミブロック1.5kg(504円)
だけを買い込み、その場でダンゴを練る事に。配合ダンゴに粉砕機で砕いた
オキアミに入れ、丁寧に混ぜていく。船釣りということで基本午前中の釣りなので
あまり作りすぎないようにダンゴの量を間違えずに配合する。
P1040768.jpg
(きれいな月だったので思わずカシャ!)

にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ
↑   ↑   ↑
ポチッと押してね











Link Ring
<<Prev5<PrevRandomNext>Next5>>




続きを読む

単独釣行in福丸Part3

  • 2009/03/16(月) 23:36:43

無事に荷物も積み終わると船頭さんから「初めてか??」
と聞かれ「いや5年前に一度だけ着たことがあります」というと
すぐにフルネームを言ってくれた。お客様名簿が行き届いており
さすがだな~と感心しきり。。そうこうしてるうちに「さあ出よか!」
と真っ暗な海を走り始める。最近老眼+鳥目の小生、すぐに船内に
潜り込み穂先に糸を通す。かなり走ったというおぼろげな記憶では
あったが行けども行けども着かない。こんなに走ったっけ?と
思いながら、ふと時計を見ると1時間近く走っている。
P1040770.jpg

にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ
↑   ↑   ↑
ポチッと押してね











Link Ring
<<Prev5<PrevRandomNext>Next5>>


続きを読む

単独釣行in福丸Part4

  • 2009/03/16(月) 23:35:20

さて今回の戦略だが25mの深場と流れる潮を考え、ラインはできるだけ細糸が
良いのだが、掛かる魚のほとんどが40オーバーということもあり、2号を100m巻いた。
またダンゴはいつものようにできるだけ水分を入れず、カチカチのまま底までもたす
ように調整した。元竿はNSR145-40Gを、穂先は自作のぴんぴん仕様を使った。
針はチヌ針7号の大きなものを使い、第1投オキアミをサシエにダンゴを沈めていく。
P1040773.jpg


にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ
↑   ↑   ↑
ポチッと押してね











Link Ring
<<Prev5<PrevRandomNext>Next5>>


続きを読む

単独釣行in福丸Part5

  • 2009/03/16(月) 23:30:58

やはり呪いボケの祟りか?(笑)他の二人はコンスタントにこの時合いを
物にしているが、小生にはまったくアタラない。これだけ周りで釣れるんだから
必ずチヌはいると信じせっせと打ち返す。そして呪いボケを刺しダンゴを
硬く握り締め、沈めていく。割れを確認しないまま流していくと
うねりでもなく、テンションでもない変化が穂先に出る。2cmほど押さえた
ところで今度は大あわせ。「乗った!」針外れに注意しながら竿のしなりを
使い強引に上げてくる。あざやかな縞模様が見え、船頭さんがすくってくれた。
「よっしゃーこれで9連勝!」と心の中でガッツポーズ。
090316_071143.jpg
針をはずす船頭さんが「なんちゅー針の大きさ・・マグロでも釣るんか!」というので
聞いてみると、ここは針は2号を使うと聞かされた。あわててサイズダウンをする。

にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ
↑   ↑   ↑
ポチッと押してね











Link Ring
<<Prev5<PrevRandomNext>Next5>>


続きを読む

単独釣行in福丸Part6

  • 2009/03/16(月) 23:25:44

P1040776.jpg
近々オープンする関電沖へは約30分ほど船を走らせる。
すでに飼い付けをし始めておりチヌが釣れているとのこと。
三尾沖より7mほど浅い18mで流れもさっきほどはなく釣り易そう。
第1投をオキアミで流していくといきなりひったくるようなアタリ!
少し軽いので軽快にやり取り。あがってきたのは32cm真鯛。
なかなか幸先が良いと思い、続けて同じようにしても全くアタラない。
ふと山立てをしているとあきらかに船が動いているので聞いてみると
「サービスやからアンカーは一本やで」との答え。
そこであわてて3号錘を付けえさを止める。するとガツガツ!と大きなアタリ。
首を振るチヌ独特の引きであがってきたのは44cmのノッコミチヌ。

にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ
↑   ↑   ↑
ポチッと押してね











Link Ring
<<Prev5<PrevRandomNext>Next5>>


続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。