スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガチンコ師弟対決in衣奈1

  • 2010/05/31(月) 20:40:28

前回の印南から約2ヶ月。その間釣友たちが行きまくっているのを横目に
ようやく出番がまわってきた。当初はシーバースを考えていたが、
初めてということと、3人揃わないと割高になるため、今回は衣奈の
マリーナ前筏を対決の舞台とした。
毎週のように行きまくるちょいサルさんはさすがに金欠のため
撒き餌、サシエサは最小限に抑え、小生の団子はというとベースこそ
ぬかではあるが、集魚材やオキアミなどに加え、和歌山では
あまり馴染みのないシラサエビまでも使い、寄せに徹する釣りを
もくろんでいた。もちろんこのことは両者認識済みで、ではこの
違いがどれだけの差を生むのかの検証をかねての釣行であった。
スタートは4:30、終了は18:30と合計14時間の超ロングラン。
春先は堅田、印南と時間が短いところが多く、なんとなく不完全燃焼感
があるので14時間は筏釣りを満喫するにはもってこいのところだ。
先週の釣行で残った、発酵済みの悪臭団子を練るちょいサルさん。
「これは勝ったな」とほくそ笑みながらコンテナに擦りきりいっぱいの団子を作り、
いざ!マリーナ前に。コンスタントに釣れていることもあり、
残念ながら他の2人と相乗りになりマリーナに向いて我々2人が座った。
P1090326.jpg
北西風が強く、もうじき6月だというのに太陽があがるまでは本当に寒い。
正直伝馬船のスーパーロデオを経験すると、少々のうねりや風はなんとも
思わないが、寒いのだけはなかなか払拭できない。
さて先週1週間は雨、低温に泣かされ、大潮回りとはいえその影響が
どこまで出るか心配であった。タックルをセットし終わり、期待と不安をこめて
第1投をボケで探るが、全くアタリがない。丸貝、オキアミ、シラサとローテーション
するもそのまま上がるか、アタリのないまま取られる状況であった。

スポンサーサイト

ガチンコ師弟対決in衣奈2

  • 2010/05/31(月) 20:39:15

しかしなかなか針掛かりせず、時間は過ぎていく。ちょいサルさんはチャリコを1匹
釣り上げた。回りも本命ではないがボラなんかも回ってきた。が・・なぜか私の竿にだけは
全く魚が掛からない。やはり前回の印南で運を使い果たしたか・・・?
私の真後ろで釣っていた方がオキアミをえさに良型を釣り上げた。
P1090330_20100531203645.jpg

まさに時合い到来を予感させる。しかしその後もまったく魚の気配を感じない。
それどころか時間が経ち撒き餌を打てば打つほど死海に変わっていく。
北西風が吹き荒れ、水温も下がってきたようにも思う。
とにかく込み潮に変わる昼以降に照準を絞り、へそ天を繰り返すちょいサルさん。
P1090335.jpg

こっちはというと前回前々回の印南で実現できなかった、これ↓をやるために筏に乗ったようなもんだ。
P1090331.jpg

昼を過ぎても一向に状況は変わらず、相乗りの方々も15:00にあがった。
へそ天をし続けるちょいサルさんを横目に竿を出し続けるが、ハワセ、流し、
トントン、広角、落とし込み、底を切る、といった釣法に餌のローテーを
加えても、反応がないまま刻一刻で時間が過ぎ、14時間あった時間が
いつの間にか残り1時間となっていた。このままだと・・・・・・
焦る気持ち余計に釣りを雑にする。穂先にかすかな反応があったが
なかなか食い込まず、とうとう迎え船の時間となってしまった。
結果は丸ボーズ。。エサトリを含め魚をまったく掛けなかったのは本当に何十年ぶりではないかと思う。
いつしか対決の検証すらも忘れてしまうほどの激渋状態。でもあがって見ると、コイズキや波止前、
もちろんマリーナでも釣れている。
正直何がだめだったのかさっぱりわからない・・・・
撒き餌検証の結果は早い話「魚がおらんかったら検証のしようがない」というのが
二人の統一見解となった。
2ヶ月ぶりの満を持しての釣行。ここまで完膚なきまでにやられると言い訳のひとつも
できません。各地この時期には珍しいシラサエビで釣れていることを考え、
異常気象の影響で海底が秋の様相ではないかと読んだのですが、
それも大きく間違っていたかもしれません。やはり前回で運を使い果たしたか・・・。
次回は夏チヌ最盛期の迫間浦を考えます。
それまでしばらく悶々としておきます。「あ~悔しい!!」

今夜これから・・・

  • 2010/05/29(土) 00:27:52

約2ヶ月ぶりの釣行です。今回のガチンコ師弟対決の見所は
まさに撒き餌の違い釣果にどれだけ差がでるか・・・なのです。
回数制限のある小生が毎週のように行ってしまう本当のサルのように狂った
貧乏ちょいサルに撒き餌の濃さで挑みます。
素ぬかにさなぎしか入れない貧乏レシピ。こっちは満を持して
集魚剤+シラサエビのエビ撒きも取り入れてみようと思います。
結果をお楽しみに・・・・
P1060413.jpg

戦略。

  • 2010/05/23(日) 07:21:31

先週の鬼嫁孝行が功を奏し、来週約2ヶ月ぶりに釣行の予定です。
場所は今のところ和歌山を考えていますが、ここ最近の釣果を
見ていると、日本海の小浜地区(仏谷、若狭本郷、泊など)
がコンスタントに釣れている。
ただ先週もむあげさんが大浦の筏でボーズを引き、昨日
ちょいサルさんが泊で小チヌ1枚と貧果に終っている。
彼らの話を聞くと群れが小さく個体数も少ないため
かなりバクチ的要素があるとのこと・・・しかし周りで
これだけ釣れているということは、必ず周囲にはいるように思う。
ではなぜ二人は釣れなかったのかというと、分析するに
私は撒き餌ではないかと思われる。
最近の我々が使う団子はヌカに砂を同量入れ、集魚材に
爆寄せ、さなぎ粉などを入れたシンプルでリーズナブルなものが多く
ちょいサルさんにおいては釣行回数を稼ぐため、ヌカ、砂、さなぎ
のみで、超薄団子でチャレンジしている。
団子の濃い薄いも多少影響があるように思うが、原因はそれではなく
釣果状況を見ていると、どの釣場もサシエにシラサエビとムキミが出てくる。
エビ撒き釣りは秋口によくやる手法ではあるが、三重では夏チヌを釣るのに
底でエビを撒き、丸貝で大物を仕留めるといったやり方がある。
今の日本海もこれに近い状況ではないかと推測される。
なのでシラサエビは最低でも5杯、アケミは2~3KG用意し、撒き餌を
しっかり打つことがチヌを寄せる最大のポイントではないかと思う。
こんなことをいろいろ考えていると、ゲヒンズの敵討ちをしたくてうずうずするのである。
P1070183.jpg

福丸漁協(三尾沖、関電沖)

  • 2010/05/16(日) 08:20:38

小生が昨年攻略した福丸漁協さんの船かかりがラストスパートになっています。
昨日も41-50を8枚。5月いっぱいの期間限定なので行くなら今しかないですよ!!!
P1040767.jpg

最近の状況

  • 2010/05/15(土) 12:28:07

4/3に印南で爆釣してから1ヵ月半が過ぎました。その間ゲヒンズの二人の釣果
を見ていても涎が出るようなことはなく、今にして思えばあの時釣っておいて
よかったな~!と思う今日この頃です。ただちょっと困るのは、あんな思いを
一度してしまうと、次も次もと期待してしまい、場所の選定に悩みます。
もちろん今年は「年なしに拘る釣り」な~んて事をいい気に思っているだけに
なおさらです。当初型、数ともに海南シーバースが有力であったが、最近になり
衣奈や三尾川、切目崎がよく、日本海の小浜地帯が良さそうです。お金と時間があれば
北灘にも行ってみたいが、もむあげさんからあそこは老後の楽しみに
おいておこうということになっています。
なぜか今年は気温が安定しませんが今後は産卵後の荒食いが各地で期待したいところです。
P1060398.jpg
2009/6/20衣奈にて

NEWコンテナ

  • 2010/05/05(水) 09:43:02

何年か前に買ったコンテナ。団子の作り過ぎで重くなりすぎ、持ち上げた
時にバキッ!と割れてしまい、しばらく使ってましたが持ち運びに
不自由があるため新しく買いました。コーナンで980円。直すために
ボンドや瞬間接着剤を買いましたが新しいのを買ったほうが安かった・・・
P1090065.jpg

あまりにも暇なので・・

  • 2010/05/04(火) 12:45:52

嫁も子供もいなく小生一人ぼっち・・かといって釣りに行かせてもらえる
訳でもなく、仕方がないので近くの鯉釣り池に・・・昔は良く行きましたが
最近はめっきり行かなくなりました。体の動く間はかかり釣りに、動かなくなったら
鯉釣りへとシフトする予定です。それにしても釣れていませんでした。
やはり管理池でも産卵期なのかな???
100504_120319.jpg

グッピーののっこみ

  • 2010/05/03(月) 12:50:10

先週買ったグッピーが早速のっこみ・・?
4匹の子供が生まれました。親に食べられないように
隠れ家を作ってやりました。

水中ウキ

  • 2010/05/02(日) 17:29:05

研究熱心なちょいサルさんが先週の印南釣行で水中ウキを使い釣果をあげた。
昨夜その話を聞かされ早速釣り道具屋へ・・・
果たして使う場面は訪れるのか???
100502_140116.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。