スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガチンコ師弟対決(三ヶ所永田渡船)1

  • 2011/11/05(土) 13:59:10

ボーズ三人組の定例会を行おうとお誘いをしていたが、
最近3人の都合がなかなか合わず、諦めていたが
釣友のちょいサルさんとようやくスケジュールがあい、
2011/11/3三ヶ所永田渡船さんにお世話になった。
春先から何かに取りつかれたように釣りに行きまくる
ゲヒンズ(もむあげ、ちょいサル)小生はというと
家の購入や息子の入院などで、タイミングを逃し、
今回で今年はまだ3回目であった。二人は相当腕も上がって
いると思い、得意の数釣りでないと勝負にならない。
場所も行き慣れた三ヶ所「負けへんで~!」心に誓い
2:30に自宅を出発した。途中撒き餌とサシエを買い
道を間違いながらも何とか渡船場に着いたのが
一番船ぎりぎりの時間だった。
P1130424.jpg

「すーさん深江に行くからちょっと待っててや」と
言われ二番船で深江浦に向かう。
「すーさん今日はおもろいとこ乗せたるわ!ここは
昨日上手な人がチヌはあまり釣れんかったけど
ヒラメの70cm、36cmを釣ったところや。日頃は
型のええのが釣れるで」といわれ期待に胸を躍らせる。
釣り座を作り、撒き餌団子も練り終わって戦闘開始。
一投目からえさ取りのあたり。3投目くらいに
ちょいサルさんがいきなり、「トイレ行きたくなってきた。」
と言い出し、でもここはカセ、トイレないでと言うと
おもむろに洗面器を持ち出し、この中に・・・と
生理現象とはいえ朝っぱらから下品な話。
「ゲヒンズで行く宇品でいつもこんなことばかり
やってんねやろー!」言ってる矢先にアタリ。何かが掛った。
首を振る良い感じ。。チヌかな~!といってたら、
し~ろい。ま~るい魚体。。。
残念ながらヘダイ。すぐにリリースし、大量の団子を
うつ。またそれを見ていたちょいサルさんの便意もなくなり
洗面器を汚すこともなかった。

スポンサーサイト

ガチンコ師弟対決(三ヶ所永田渡船)2

  • 2011/11/05(土) 13:58:44

ちょいサルさんの便意も治まり、戦闘再開。ちょいサルさんにすぐさまあたりがでる。
ただ上がってきたのはヘダイ。お互いアタリはあるもののエサトリばかりが
釣れる。すると突然「なんかかかりましたわ」と大きくしなるちょいサルさんの竿。
クンクン!と首を振る感じがチヌっぽいが、「たぶん違うと思いますわ・・」
なんと・・・
P1130426.jpg
昨日名人を悩ましたFish Eaterのヒラメ。「まだおったんかいな。。」
実はこれがこの後ちょいサルさんの快進撃の幕開けになるとは
そのときは知る由もなかった・・・・・

ガチンコ師弟対決(三ヶ所永田渡船)3

  • 2011/11/05(土) 13:57:50

このヒラメを釣ったことでちょいサルさんの状況は一変した。
ダンゴアタリが出始め、今にも釣れそうな感じである。
すると案の定「乗りましたで」と。。軽快なやり取りをするちょいサルさん。

いよいよ時合到来か。とこっちも気合が入る。ジビジビとエサトリの
アタリの中から本アタリを見極めるもなかなか食い込まない。
そんな中ちょいサルさんが二匹目。。つぎにヘダイ。。と活性がやたら
高い。最初はまあそのうち釣れるわと思ってやっていたが、スイッチが
入ったみたいで次から次へと掛けあわせていく。4-0、5-0、・・
眺めているとダンゴアタリが出て、ラインを緩めていくとフアフアと
したアタリ、さらに送り込んでいくと乗るという感じで、小生には
アタリに見えない。まさに心眼か・・・
やはり伊達に回数をこなしてなく、たかが今年3回程度じゃだめやなと
戦意喪失していく。
そこでちょいサルさんからラインテンションをもっと緩めたほうが
良いとアドバイスを受けるも特に変わりはない。
その間も7-0、8-0あっという間に10-0くらいになり、こうなると
腕やえさやラインテンションではないように思えてきた。
弁当船で船長にこっちばっかり釣れるわ。といったら
すーさんとこにヒラメおるんちゃうか?と・・
やはりたこやヒラメ、コチなどがいると全く食わないといわれているが
たかが3m程度でこれだけの差がでるとは・・
あまりにも違いすぎるので、「ちょっと悪いがこっちで釣ってみて」と
場所を変わってもらう。小生がボーズ逃れで釣りたいのではなく
ちょいサルさんが小生の場所でどう釣るかを見たかった。
ダンゴ硬いですね~といいながら釣って貰ったが、やはり全くアタリがでない。
変わってもらった場所で釣り始めると確かに気配がムンムンする。
ダンゴアタリが出て、割れ、ゆっくり送っていくと前アタリ、本アタリと典型的な
チヌアタリを掛け合わせると、首を振る独特の引き。
ようやく1匹目を釣ったものの、あくまでもここは自分の釣り座では
ない。早々に変わってもらい元の場所に。
ちょっとでも離れたほうが良いかと反対向きに釣り座をセットするも
相変わらず。力のないアタリのみ。。

ガチンコ師弟対決(三ヶ所永田渡船)4

  • 2011/11/05(土) 13:54:48

ほんまどないなってるんやろ~と。確かに今まで経験したことがない。
(腕が悪かったころを除く)14-1、15-1となったところで
今日を釣りを見切ったのかちょいサルさん得意の睡魔。ちょっと寝ますわ!
それならそっちで釣らせてくれるか?と快諾をもらいまたまた人の褌で・・・
そこからヘダイ混じりで8連続で釣る。ほんまなんでこうも違うのか・・
エサをシラサ、オキアミ、コーン、さなぎとなにに変えても食ってくる。
完全に寄せ負けした。ダンゴに違いがあるのかと小生のダンゴにしても
問題なくあたる。やはりFish Eaterがいるとしか考えられない。
2時間ほど経ち、ぼちぼち釣りますわとちょいサルさんが起きてきたので
できるだけそっちに近いところで釣らせてと荷物の移動をし
そこでようやく1匹を釣った。
結局岸に戻って数えてみると26枚。ヘダイも同じぐらい釣れていた
のでたぶん50枚は釣っていたと思うが、チヌだけでみれば
18-8であったし、もし釣り座を変わらずそのまま釣っていたら
おそらく40-0ぐらいで完敗していたと思う。
かかり釣りの深さ、難しさをまざまざと見せ付けられた一日であった。。。。
P1130428.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。