スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年総括

  • 2012/12/15(土) 14:43:30

2012年の釣行は12/6をもって終了した。今年もいろいろなドラマがありました。
それを時系列で結果を見ていきたい。

2012/4/6(金)
釣り場:三重県的矢湾三ヶ所(永田渡船)
メンバー:単独釣行
釣果:チヌ1枚 25cm
状況:3月開幕を待って今か今かと思っていたが週末ごとに
大荒れの天気。結局4/6に2012年初釣行。納竿15分前に
起死回生の1匹。連勝記録8に伸ばす。
P1010316.jpg

2012/5/5(土)
釣り場:和歌山県海南(千黒鯛丸)
メンバー:ボーズ三人組定例会
釣果:チヌ4枚 35cm~40cm(もむさん11枚、ちょいサルさん5枚)
状況:ずっと行きたかった釣場。船長からもいつ来てくれるんやろうと
思ってくれていたみたいで、相思相愛の思いで大海原へ。絶好調のもむさん
の快進撃は凄い。急流で育ったチヌの引きは尋常ではなかった。
P1010358_20120506152704.jpg

2012/6/9(土)
釣り場:広島県宇品(さくら渡船)
メンバー:ボーズ三人組
釣果:チヌ39枚 35cm~47cm(もむさん37枚、ちょいサルさん34枚)
状況:以前からゲヒンズの二人から行こう行こうと誘われていたが、
なかなか日程があわず、2年越しにようやく実現した。なんともすごい
釣場だった。定例会で久しぶりの竿頭になる。
P1010403.jpg

2012/6/16(土)
釣り場:広島県宇品(さくら渡船)
メンバー:ボーズ三人組
釣果:チヌ1枚 40cm(もむさん4枚、ちょいサルさんボーズ)
状況:初めての2週連続釣行。しかし悪いことはできません。
前週とうって変わって激渋。梅雨の真っ只中で大雨、大風に
戦意喪失。
P1010391_20120610122208.jpg

2012/7/21(土)
釣り場:兵庫県赤穂市室津(住栄丸)
メンバー:得意先の部長さんと
釣果:ボーズ
状況:得意先の部長さんをかかり釣り師にするべく、初挑戦の播州室津の筏。
潮が複雑で大苦戦。最後にミックを食ったのはチヌではなくボラ。
2年ぶりのボーズ。12連勝ならず・・・
P1010411_20120722215335.jpg

2012/8/18(土)
釣り場:三重県的矢湾三ヶ所(永田渡船)
メンバー:ちょいサルさん
釣果:チヌ17枚 30cm~48cm(ちょいサルさんボーズ)
状況:2回連続でボーズを引くわけにはいかないためHGの三ヶ所へ。
気も漫ろなちょいサルさんを尻目に良型ばかり17枚。ダンゴ切れで
早上がりしたが、あのまま最後まで釣っていたら、30枚はいけたかも・・・
P1010462-14.jpg

2012/9/29(土)
釣り場:三重県的矢湾三ヶ所(永田渡船)
メンバー:会社の同僚
釣果:チヌ6枚 25cm~30cm(同僚2枚)
状況:毎年恒例の同僚との釣り。このときばかりはお互い仕事を忘れ、
楽しい時間に。同僚に先起こされかなり焦りましたが、何とか面目を保てました。
DSC_0046.jpg

2012/10/20(土)
釣り場:兵庫県赤穂市室津(住栄丸)
メンバー:得意先の部長さんと
釣果:ボーズ
状況:前回のリベンジをかねてもう一度室津へ。がしかし返り討ちにあいました。
鬼門の方角か・・・・
P1010529.jpg

2012/12/6(木)
釣り場:三重県的矢湾三ヶ所(永田渡船)
メンバー:単独釣行
釣果:チヌ16枚 25cm~30cm(キビレ12枚、マチヌ4枚)
状況:2投目からキビレが釣れ、10:00までに16枚。久しぶりに
50枚くらいいけるかな~?と思っていたら潮変わり後突然死海に。
3時間で16枚後6時間ボーズ。なんとも不完全燃焼でした。。
P1010542.jpg

ということで2012年は7勝2敗。総数84枚でした。来年はノッコミ期の宇品で腕が上がらなくなるくらい釣りたいもんです。

スポンサーサイト

2012年最終釣行(三ヶ所)1

  • 2012/12/08(土) 14:03:37

10月の室津釣行で今年2回目のボーズを引いてから、早くリベンジをしないと
と思いつつ11月がやたら忙しく、考えてみると6月2回、7月、8月、9月、10月と
毎月1回の釣行してきたので、ええ加減やめておかないと、そのうち鬼嫁の大爆発
の危険性を察知し、私の大好きな秋の数釣りシーズンである11月を逃してしまった。
とはいえボーズで今年を終わるわけにもいかず、虎視眈々と釣行の機会をうかがっていた
ところ12/6にうまく休みが取れ、12月に入っても好調を持続している、的矢湾三ヶ所に
予約の電話を入れる。「是非きて~明日お客さん0やから」とおかみさん。
「独り占めできますね」といって電話を切り、意気揚々と堺の自宅を3:00に出る。
P1010537.jpg
「すーさんもう一組あるからもうちょっと待ってて」と船頭さん。
なかなか来ないところで「もういこか」と私一人を乗せて深江浦のカセに運んでくれる。
「このカセは型、数ともいけるよ。」ととりわけ良いカセを選んでくれた。
焦る気持ちを抑えながら、ダンゴを練り上げ、シラサエビを大量に入れたマキエを
5つ沈め、ミンチ、オキアミなどの入ったダンゴも5つ海中に入れてから仕掛けを作る。
今回は数釣り用に1号通しと、型用に1.7号通しの2本を用意しサシエによって
使い分けることにした。
P1010539.jpg
まずは型用のタックルでシラサエビをサシエにダンゴを沈め、割れるのを待って
右から左へ流れる潮に乗せて、送っていく。2投目でもぞもぞという前アタリ
そのまま潮について送り込んでいくと、モタレアタリが出る。乗った!
幸先良く20cm級のキビレが釣れる。今年の三ヶ所はキビレ、ヘダイが
かなり混じるようだ。

2012年最終釣行(三ヶ所)2

  • 2012/12/08(土) 14:03:12

型用の反発力のある竿だったため、魚が急に浮き上がり、ラインが穂先に絡まり
1本目の穂先が2投目で折れてしまった。仕方なく数つり用のタックルに代え
アタリを待つ。活性も高く、キビレばかりだがあっという間に二桁に到達。
型狙いのタックルに変え、サナギ、コーン、丸貝などで様子を伺う。
サナギは今年相性が良く、しばらくするとコツン!と前アタリが出る。
クッ!と押さえ込むと針掛りする。30cmの少し大きめのマチヌが釣れる。
それからも順調に釣れ、11:00頃までにヘダイ交じりで18枚釣っていた。
今日は50はいけるかもな~と思っていたが、自然はそんなに甘くない。
潮が下げに変わってから全くといっていいほど当たりがなくなった。
8月にちょいサルさんと目と鼻の先に座っていても、状況が全く違っており
17-0で勝った事を思い出し、断腸の思いで、釣り座を右に移動した。
それでもエサも取られない死海に変わってしまい、結局最後まで粘って
午前中の18枚(マチヌ4枚、キビレ12枚、ヘダイ2枚)であった。
P1010542.jpg
とりあえず有終の美は飾った物の少し不完全燃焼だった。
というのも奥のカセに乗っていた二人が40cmオーバーを4枚釣っていた
ことを考えると絶対いたはずなので、もう少し工夫をすればデカバンが
釣れていた可能性があるので、来年への課題となった釣行だった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。