スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大恩師との思い出

  • 2008/03/12(水) 00:04:39

先日亡くなられた小生の大恩師。。思い出は数え切れないほどありますが、
そんな中でも特に印象に残ってる二つをご紹介いたします。。
一つ目は高校3年の秋。ちょうどクラブも引退し、大学の推薦入試を控えた11月頃だった
と思います。夜8:00頃に一本の電話が鳴る。もちろんこの時間は入試を控えている為
勉強をしている時間。。母親が「○○先生から電話・・」という声。
「へ???今まで一度もかかってきたことがないのに・・なんで??」と思いながら
「お電話変わりました」と小生。そして先生からの第一声が「ドリフターズ見てたやろ?」
「ギクッ!!!・・いえいえ!と・と・とんでもありません・・」と小生。「そうか・・今が一番大事
な時だ。しっかりやれよ。」と一言言ってガチャン!思わず辺りを見回す小生。
まさか監視カメラ。。。実はそのときドリフ大爆笑82という番組がやっていました。
先生は「どうせあいつのことだから見ている」と直感したんだと思います。
そうです。実は寝そべってみていました。先生ウソをついてました。m(_ _)m
そのことを母親に言ったら大笑いしていました・・・
二つ目は小生が通っていた高校の体育教官室は二階にありました。
ある時1階を歩いていた小生に2階から声がかかる。「お~い」
見上げると先生がにっこり笑って「これを取ってみろ」という。
「はい」といって待ち構える。するとポケットからゴルフボールを出し
軽くすっと落としてくれた。もちろんキャッチ。すると「お~!よく取った。それなら
安心だ。お前は必ず合格するぞ!」と言ってくれた。その言葉は本当に
勇気付けられた。おそらく先生は二つの言葉を用意していたんだと思います。
もし落としていれば「今のうち落としてれば大丈夫。本番は必ず合格する」
と言ってくれたんではないかと思います。この言葉を信じて入試に挑み
見事3流大学ではあったが現役で合格することができた。そしていの一番に
報告に上がると「おめでとう!お前は出来る奴だと思ってたよ」と言ってくれた。
今思い出しても涙がでるくらい嬉しかった。卒業してからもいろいろ
かわいがって頂きました。海に連れて行ってもらったり、スキーを教えてもらったり
本当に感謝しています。先生!長い間お世話になりました。ゆっくり休んでくださいね。涙・涙






スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。