スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の栄光1

  • 2007/08/28(火) 01:03:11

私にもこんな過去があります・・今から遡る事13年前。
平成6年4月23日この日は私の釣り人生で最も忘れられない日
となりました。
前年の最終釣行で25cmクラスを12枚釣って有終の美を飾り
「来年こそはもっと大きいのを釣りたい」と心に決め迎えた
翌年の春、前年から絶好調が続いていた和歌山県衣奈の中長渡船
さんにちょいサルさんと共に初めてお世話になった。
時合いは昼からと聞いていたので、7時ごろに現地に到着し
中野船長から「君ら初めてか?どこ乗りたい?」と聞かれ
思わず「釣れるとこ」と答える二人。「黒島でもええが、マリーナ
に乗せたって」ともう一人の船頭に頼んでくれた。
今までは日本海しか行ったことはなく、ワクワクしながら
釣り始める。ダンゴを撒きアタリを待つがすごく気配は
するが食ってこない。残念ながら朝の時合いが過ぎると
赤潮が筏一面を覆う。船長が見回りに来て「しばらく
したらなくなるからそれまで昼寝でもしとき」といわれお言葉
通りヘソ天。赤潮が過ぎ去ったあとドスン!と何かが乗った。
ヌゥ~とした動き。これはひょっとして・・・案の定タコの
お出まし。日本海では全く釣ったことがなかったので対処方法
がわからず右往左往していると同乗していた方が「目と目の間
をナイフで刺したらいいよ」といわれやっとおとなしくなった。
その後オキアミに強烈なアタリ。今度は明らかに魚の反応。腕が
だるくなるほどの力で引きづり回され上がってきたのは
こいのぼり級のボラ。これまた日本海とは比べ物にならない。
そして運命の14:00過ぎ・・気配がムンムンする中、
ボケを付けアタリを待っていると「ゴン!」節のあるアタリ
即座に一発合わせで乗った!。それもかなりでかい・・
やりとりはさっきのこいのぼりと似ていたので、ボラかな?
と思いつつ、ちょいサルさんに玉網で待ち構えてもらう。
「ごっついチヌやで~。」とちょいサルさん。こっちは必死のやり
取りをしているので見る暇もない。無事すくってもらったら
なんと52.4cmののっこみチヌであった。
P1000697.jpg

その後もかなり気配するものの針がかりしなかったが
あたりが薄暗くなりかけた17:30頃、前日ビデオで見た色の薄い
丸貝を生まれて初めてサシエにし投入。上下に誘いをかけていると
「コン!」と前アタリ。ビデオではこの後本アタリが来るのだが
なんせ丸貝は初めて使うので「ほんまかいな」と半信半疑のまま
少し送り込むとビデオの通り「ググッ!」穂先が海中へ沈み込む。
乗った!思わず「丸貝できたぞ!!」と叫ぶ。先ほどのやり取り
と同じようにし上がってきたのは47cmのチヌ。よっしゃー!
その声を聞いて同乗者とちょいサルさんが急遽丸貝にサシエを
変更し続けてアタリがあり、結局その筏で合計7枚チヌがあがった。
次の朝思わずスポーツ新聞を買いに走った私であった。
P1000702.jpg

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。