スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作竿の話

  • 2009/05/14(木) 23:02:13

最近嵌まっている竿作りの話です。これまでは市販品しか使ったことがなく
まさか自分が穂先だけではなく元竿までも作るとは思っても見ませんでした。
とはいえ中学時代には鮒釣り用のカヤ浮きを作ったり、思えば漆や蛍光塗料
にかかわる機会は少なからずありました。
ただ竿作りの本などを読んでいると難しいそうですし、また手順もわからず
いろいろと作るための道具がいることで二を足を踏んでいました。
ところが昨年の今頃にCOREさんに作り方を目の前で見せていただき
意外と簡単に作られる姿を見て小生にもできるかな?と思い始め
初めて充電式電動ドリルを購入し、まずは穂先作りからチャレンジ。
途中うまくいかないところやコツを聞きに夜な夜なお邪魔し徐々にうまく
作れるようになりました。つい先日も元竿をいとも簡単に作る姿を見せていただき
やってみると意外にあっさりできてしまいました。(もちろんクオリティーは低いですが)
仕上げはかなり汚いですが自分が使う分には十分ことが足りています。
それに本数を重ねていくことでコツもわかるようになりました。

P1050726.jpg

さてそのように自作ロッドを作れるようになり、最近思うことはやはり竿は元竿と
穂先のバランスが非常に大事で、それがぴったり合っていると魚を
抜きあげてくる力が上に向かって働き、余計はロッド操作をしなくても、ためるだけで
勝手に魚が浮いてくる感覚が味わえます。前回の西の地でフエフキ鯛を掛けたときに
よくわかりました。実は穂先を作る際カットするところを間違っていたため、Rは綺麗に出てましたが
元竿の硬さを生かせず、穂先のほうが負けてしまい抜きあげるのに相当苦労しました。
(1ページ目の写真を参照してください)
ところが今回作った穂先はかなり反発力とバランスも良く、先日もむあげさんが
60cmを超えるサメを掛けたときでも楽々あがってきたと言ってました。
もう少し改善の余地はありますが、あと何本か作りこめば、かなりクオリティは
あがると思います。
おそらく大量生産の竿であれば、そこまでの作りこみをしているように思えませんので
バランスが悪い場合が多く力が分散してしまい、なかなか魚があがってこないという
場面に遭遇するんだと思います。全体的にはピンピンのカチカチといった竿なのですが
先端部分は繊細に削り込んでいるので、小さなチヌアタリも確実に捕らえ、
魚が乗ってからはピンピンを利用した反発力で抜きあげるといった感じです。
かなり薀蓄ってしまいましたが、正直あまり定かではありませんが概ね
竿作りのコンセプトはこんな感じで合っているのではないかと思います。
戯言としてお聞きくださってありがとうございます。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ありがとう

是非ともフィールドテスターとして結果を出してくれよ。これからは少し短め、少し柔らかめのものを作るからそのフィールドに合わせてテスティングを頼むで~

  • 投稿者: ボーズ三人組すーさん
  • 2009/05/15(金) 22:52:21
  • [編集]

フィールドテスター

前回の釣行でスーさんロッドを試させてもらったが・・・デカバン狙いには
もってこいの竿でした!!
残念ながらチヌには出会えなかったが・・・サメのクレイジー且つパワフルな
引きをも、2号ラインを一度も出すことなく、竿の反発力のみで楽に上がって
きたわ!!
先月から同じ所で、年無し2枚を上げている感覚から言うと、十分に
先手のとれる竿だと思うし、40Upの数釣りにも耐えうるものだと思う。
また、本命を上げて証明するわ・・・・・

  • 投稿者: -
  • 2009/05/15(金) 21:37:18
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。