スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単独釣行in三ヶ所その3

  • 2010/10/16(土) 15:05:42

ここまでの状況をお話しすると、ダンゴを投入し、着底後サシエが抜けると
あたりがないまま餌だけがなくなり、シラサエビの尻尾だけになる。
錘を大きくしたり、針を小さくしたり、錘の位置を変えたりするものの
変えた時だけは変わった変化になるだけで同じようには続かず、
サシエがそのまま上がってくることもしばしばあった。
まさに食いが渋いという言葉のとおりである。この時期にまじでボーズ
になるのではと戦意喪失しかけた10:30頃。
ちょうどその時間が満潮時だったのだが、潮止まりで状況が一変した。
それまではダンゴあたりはなかったが、チヌらしきダンゴあたりが
出だし、サシエが抜けてしばらくすると「コツ!」前アタリがあり
ゆっくり送り込むと小さいアタリだが節のある本アタリが出る。
やっと乗った!!!
秋チヌの引きを味わいながら待望の1匹。しかも自作竿「すーさんロッド蕾」
がやりとりを面白くさせてくれる。
P1100505.jpg
(写真はすーさんロッド盛)

それからというものいきなり時合いが到来した。あれだけ苦労していたのに
明確な前アタリと、微妙な本アタリを捕らえると、面白いように秋チヌが釣れる。
自然相手なので何がなんだかわからない。いずれにせよ1時間程度の間に
8枚を釣り、これなら50枚は・・と思ったがやはり自然はそう甘くない。
流れが出だすと、またまたパッタリとアタリがなくなった。
ポツリポツリを単発でチヌがあがるもののスイッチが入らない。
見回り船で「今12枚かな~」というと「どこももひとつやな・・」と船頭さん
ひょっとするとこれは竿頭???なんて甘いことを思っていると
急にスイッチONになった。

ブログランキングに参加しています

なんか最近特にfc2ブログランキングが低迷しております。
是非ポチッと押してください。よろしくお願いしま~す
m(__)m
ポチッと押してね
↓   ↓    ↓

FC2ブログランキング



にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ
↑   ↑   ↑
ポチッと押してね











Link Ring
<<Prev5<PrevRandomNext>Next5>>


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。