スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガチンコ師弟対決(三ヶ所永田渡船)3

  • 2011/11/05(土) 13:57:50

このヒラメを釣ったことでちょいサルさんの状況は一変した。
ダンゴアタリが出始め、今にも釣れそうな感じである。
すると案の定「乗りましたで」と。。軽快なやり取りをするちょいサルさん。

いよいよ時合到来か。とこっちも気合が入る。ジビジビとエサトリの
アタリの中から本アタリを見極めるもなかなか食い込まない。
そんな中ちょいサルさんが二匹目。。つぎにヘダイ。。と活性がやたら
高い。最初はまあそのうち釣れるわと思ってやっていたが、スイッチが
入ったみたいで次から次へと掛けあわせていく。4-0、5-0、・・
眺めているとダンゴアタリが出て、ラインを緩めていくとフアフアと
したアタリ、さらに送り込んでいくと乗るという感じで、小生には
アタリに見えない。まさに心眼か・・・
やはり伊達に回数をこなしてなく、たかが今年3回程度じゃだめやなと
戦意喪失していく。
そこでちょいサルさんからラインテンションをもっと緩めたほうが
良いとアドバイスを受けるも特に変わりはない。
その間も7-0、8-0あっという間に10-0くらいになり、こうなると
腕やえさやラインテンションではないように思えてきた。
弁当船で船長にこっちばっかり釣れるわ。といったら
すーさんとこにヒラメおるんちゃうか?と・・
やはりたこやヒラメ、コチなどがいると全く食わないといわれているが
たかが3m程度でこれだけの差がでるとは・・
あまりにも違いすぎるので、「ちょっと悪いがこっちで釣ってみて」と
場所を変わってもらう。小生がボーズ逃れで釣りたいのではなく
ちょいサルさんが小生の場所でどう釣るかを見たかった。
ダンゴ硬いですね~といいながら釣って貰ったが、やはり全くアタリがでない。
変わってもらった場所で釣り始めると確かに気配がムンムンする。
ダンゴアタリが出て、割れ、ゆっくり送っていくと前アタリ、本アタリと典型的な
チヌアタリを掛け合わせると、首を振る独特の引き。
ようやく1匹目を釣ったものの、あくまでもここは自分の釣り座では
ない。早々に変わってもらい元の場所に。
ちょっとでも離れたほうが良いかと反対向きに釣り座をセットするも
相変わらず。力のないアタリのみ。。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。