スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーズ三人組定例会(すーさんに釣ってもらおう会)by宇品

  • 2012/06/10(日) 13:09:48

さてツアー全容はさておき、そのすごいところの説明をいたします。
釣行回数に勝る二人に事前にレクチャーを受ける。とにかく底には
チヌしかいないからどんなアタリがでても、チヌやと思ったほうが良い。
しかも前アタリは出ても、本アタリがあまり明確に出ないから、送るなり
聞くなりしながら、微妙な変化をしっかりと捉えないと数は稼げないとの
こと。あとで聞いた話だが、なぜ本アタリが出ないかというと、魚の数が
多すぎて反転できないからのようだ。確かに居食いのようなアタリは多かった。
P1010388_20120610115351.jpg
(乗船を待つゲヒンズ)

さくら渡船さんの出船はこの時期朝4:30(迎14:00)と6:30(迎16:00)の2回。
1回が12~13名定員なので一日25人程度。かかり釣りだけでなく、フカセ釣りや
紀州つりも盛んで、牡蠣がついてない筏にかかり釣り、着いているほうにフカセ釣り
の人を降ろすようだ。ポイントである大黒神島へは乗場より片道約50分くらいかかるので
筏自体はたくさんありますが、これが限界だ。
今回は前日のちょいサルさんの仕事が長引き、2番船で大黒神島に向かいます。
荷物のチェックを済ませ、ちょっとした船旅を楽しみます。
その間悪かった天気も良くなりだし、絶好の釣り日和となった。
P1010391_20120610122208.jpg
ポイントに着くとコンパネを降ろす作業が入ります。乗船メンバーで協力をしあい
釣場を作るのですが、ふと横を見ると4:30に行った先のメンバーがあっちこっちで
竿を曲げている。いったいどないなってんねんと小生。それが宇品ですとゲヒンズ。
ノッコミ第2波が入ってきてるので、本当に期待できますよとちょいサルさん。
1人2枚のコンパネをセットし、予め練っていたダンゴを5つ投入してから
仕掛け作りをする。
P1010393_20120610122922.jpg

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。