スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12連勝ならず・・・2年ぶりのボーズ

  • 2012/07/22(日) 22:21:46

かかり釣りビギナーの得意先の部長さんをチヌ師に仕上げるべく
釣りにお誘いした。友人にかかり釣り師がいるらしく、その方の
お薦めで播州室津の住栄丸さんに初挑戦することになった。
HPや新聞などの情報が全くないため、苦戦を強いられるのは必須
であったため、ホームグラウンドでのレクチャーのほうが釣れる
確率が高く、チヌ師に嵌め易かったが、部長の結果にはこだわらないという
言葉と、小生自身が初挑戦の場所には滅法強いジンクスを信じ、
当初の予定通りとした。西神中央の部長さん宅から約60Kmこれは
近い。しかも玉津ICから乗れば後はバイパスのため、往復200円で済む。
かなりコスパの利く場所だ。
P1010411_20120722215335.jpg
乗り場から約10分ぐらいで着く小島に5台の筏が浮かぶ。
今回は4号筏に乗せてもらった。事前にボラが多いと聞いて
いたのでその対策を何でかわすかがポイントであった。
釣り座を作り、団子も練りあがり釣り方のレクチャーから行う。
サシエはコーン、さなぎ、魚玉をメインにし、オキアミ、ボケを
エサトリの状況確認や万一食いが立った時ように用意した。
がしかしあがって見るとボラよりも、強烈な潮流に翻弄されっぱなし
であった。大潮だからかな~と思いながら、1.75号ラインだと
あっという間に流される。部長の仕掛けも1.5だったので
こりゃー大変や。初心者には到底難しいところだ。
まずは自分がお手本になるため、すぐに1号
ラインに変更するも、それでも止まらない。
マキエも遠く離れるので、ボラも寄らない。
錘を大きくして流していても、アタリすらわからない。
まさにないない尽くしだ。
それでも部長そっちのけでせっせとマキエをうっていると
ダンゴアタリが出だした。ただダンゴには当たるものの
食いあたりがなく、そのままオキアミが上がってくる。
いろいろなサシエの中から普段使わない魚玉をつけた
いきなりゴン!というアタリ。とっさに合わせると
首を振る引き「これはチヌですよ!」といいながら
やり取り。なかなか姿が見えない。ようやく見えた瞬間
テンションが下がる・・・ボラ。。。。
こんなことをしながら15:00まで粘るも、2年ぶりも
ボーズを引いてしまった。後で船頭さんに聞くと
前日かなり雨が降ったらしく、水潮なっており、激流も
その大雨の影響だったようだ。
またリベンジの場所を作ってしまった一日であった。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。