スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガチンコ師弟対決夏チヌver.(三ヶ所)その3

  • 2012/08/21(火) 21:08:12

サシエをオキアミ、ボケ、シラサとローテーションしながら、
コンスタントチヌを掛けていく。夏チヌなので小さい割には
良く引いて楽しい。ちょっと大きいのをとコーンを3粒差し
海中に沈める。柔らかい餌の時ほど早い反応はないが、それでも
一呼吸おいて、コン!と前アタリ。ゆっくり送っていくきれいに
穂先が舞い込む。お!これは重い。ボラじゃなければ結構良い型やでと
言いながらやりとり、最近はあまりラインを出すこともなかったが
さすがに引きが強く2度ほどラインを出し体制を整える。
思った通り今日一の48cm良型。9時までに10枚ほど釣った。
ただ不思議なことに隣のちょいサルさんには全く団子アタリもなく
その時点で10-0。秋と全く逆になった。
P1010455.jpg
(戦意喪失のちょいサルさん)

その後も団子アタリが頻繁に出るものの、ボラを掛けたり、ラインブレイクで
2~3枚良型をバラシてからは本アタリ出ず散らしてしまったようだ。
今思えば潮流も深江浦に比べ穏やかなので1.7号に変えれば良かったのだが
最後までそれで通してしまった。
11:00の弁当船で「どう?」とおかみさん。「よう釣れて楽しいわ!」と小生。
でも今10-0とかなり差があると言うと、船頭さんが「左より右端のほうが絶対ええ」
と言ったのでいつものちょいサルさんなら一目散で行くのに、なにやら前夜に良い思いをしたのか
気も漫ろで、昼飯を食ってもへそ天を続ける。それならばと小生が左端のロープ際に
釣り座を構えなおし、団子を打つといきなり、フグが釣れる。さっきまでの場所では
フグまで警戒していたのかサシエを食わなかったが、こっちは違うと確信。3投目には
30cmにチヌが上がる。中層のボラに叩き割られないように固めに握り、団子アタリを
待つ。肩口で団子を割り、潮に合わせてゆっくりとテンションを抜いていくと
コン!と前アタリが出る。さらに海面近くまで穂先を送るとギュン!と本アタリ。
41cmチヌ。やはり船頭さんの言うことは聞くもんやな~と独り言を言いながら
「そろそろ起きろよ!よう釣れるぞ!」とへそ天のちょいサルさんを起こす。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。